トップページ

2017年4月15日 (土)

二宮が堀切

患者さんのケアをするおシゴトは多岐にわたります。


医師の診療に対する補佐的な業務を行なうのが軸となる業務内容なんですが、患者さんのケアやお手伝いなどがあるだと言えます。
入院病棟か外来かによっても業務内容の方向性は様々です。外来よりも入院病棟の方がシゴト量が多いので、大きな負担となるだと言えます。看護師の初任給は周りが想像するほど良くありません。



現に入院して看護師を観察してみると、重篤なクランケが入院していない日には、一定の業務をこなすだけですが、そのシゴト量だけでもかなり大変です。

重篤な患者が入院している際には、さらに大忙しになってしまい、気もち的にも相当ストレスが強まるだと言えます。



看護師として労働する際、楽だといわれているのは、外来の勤務形態です。

当然、人の命に関するということでの責任は違いはありませんが、夜に勤務する必要がない、休日がとりやすい等の理由で外来勤務を選びたい人も増加してきていますよね。

私の知り合いの看護師が退職するかしないかで迷っていると相談がありました。今月彼女は結婚したのですが週末祝祭日もシゴトなので、週末休みの夫と休日が合わなくて、一緒にいられない生活が多い沿うです。

子育てもしたいし、とはいえ、シゴトを辞めるのは嫌だと答えを出せないでいました。看護師の稼業で大変な事の一つに、夜勤が存在するという事があります。



病院の場合、夜中に患者の病状が急変する事も少なくありません。

そんな場合に、対応するために多くの看護師には、夜の業務があるのです。
しかるに、ナースにとって夜勤というのは体の調子を崩しやすくなりますし、負担が大きすぎると言えるだと言えます。
女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでしたという漫画が良い
看護師は病院などで就業していますので、勤務時間が多様です。



常に、決まったお休みが取れないといった課題があります。医療機関にとって看護師は大切なシゴトですが、しかし、はたらく方に言わせてみればお世辞にも良いとは言えない職業であることが多々あります。看護師の年収は高額だと思われている方もいると思います。とはいえ、ナースは夜勤がないとさほど稼ぐことができず、トータルの年収もそれほどでも無いことがあります。



ですから、独身の間は夜の業務がある病院で働いて稼ぎ、既婚後、夜勤がまわってこない病院に再び就職する方も多いです。



入院中の知人の顔を見に行ったのですが、慌しく看護師が複数の患者さんのサポートを行っているのを見かけたのです。思うように体を動かせない患者さんは、ナースコールを何回もする人も珍しくありません。看護師さんというシゴトは、いつもいるわけではない、お見舞い客がちょっとみるだけでも、日々苦労が絶えません。交通事故(加害者になってしまうと、刑事上の責任と民事上の責任を負わなくてはいけませんし、行政処分の対象にもなります)で救急搬送された場合に、医師が見落としてしまった鎖骨が骨折していることに気づいて処置してくれたのはまだ若手の看護師の方でした。後で知ったのですが、まあまあお若いのに看護師長だったのです。

きっと能力評価が正当に行われた結果だと思います。


看護師は大変なこともいっぱいあるシゴトですが、一生働きやすいシゴトであると考えられています。例えば、妊娠で一度休みを取った場合でも、戻りやすい職種です。高度な専門性が産休の後の復職のしやすさにつながっていると思われます。生涯、就職先に困らないとされる一方、離職の割合が高い職業です。

トップページ

ギャンブル」カテゴリの記事

最近の記事

無料ブログはココログ